タグ別アーカイブ: 乳がん

乳がん予防(対策) 乳製品、イソフラボン、緑茶の効果は?

乳がんのリスクを高める要因は前回の記事(乳がんと授乳(母乳育児)について考える。乳がんの原因(要因)に女性ホルモンの影響)に書きましたが、日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインでは乳がんのリスクを減少させる要因も考察されています。

乳製品、イソフラボン、緑茶の効果などはたまに耳にすることがありますが、現段階のエビデンスグレード(*1)は「可能性あり」「証拠不十分」だということです。

*1  エビデンスグレード
「確実」・・発癌リスクに関連することが、確実であると判断できる十分な根拠があり、予防行動を取ることが勧められる。
「ほぼ確実」・・発癌リスクに関連することが、ほぼ確実であると判断できる十分な根拠があり、予防行動を取ることが一般的に勧められる。
「可能性あり」・・ 「確実」「ほぼ確実」とは判断できないが、発癌リスクとの関連性を示唆する根拠がある。
「証拠不十分」・・ データが不十分であり、発癌リスクとの関連性について結論付けることができない。

要  因 エビデンスグレード
乳製品の摂取は乳癌発症リスクを減少させるか 可能性あり
緑茶の摂取は乳癌発症リスクを減少させるか 証拠不十分
大豆、イソフラボンの摂取は乳癌発症リスクを減少させるか 可能性あり
乳癌発症リスクを減少させるためにサプリメントを服用することは勧められるか 証拠不十分
閉経後の運動は乳癌発症リスクを減少させるか ほぼ確実
閉経前の運動は乳癌発症リスクを減少させるか 証拠不十分
卵巣嚢腫は乳癌発症リスクの減少に関連する可能性があるか 可能性あり

 

閉経後の運動が「ほぼ確実」でその他はまだ確実ではないんですね。

ここで注目したいのはイソフラボン。

前回の記事で、乳がんの発症の要因の一つに女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が関係していることはわかっていて、エストロゲンの分泌量が多い時期が長く続くほど、その影響を受けてがん発生のリスクが高まると書きました。

イソフラボンは女性ホルモンのバランスを保つ作用があると聞いたことがあります。エストロゲンを助ける効果があると・・あれ??エストロゲンは増やしちゃいけないんじゃ、と疑問に思い調べてみました。

大豆イソフラボンは、植物性食品の色素や香り、苦味、辛味などの成分である「フィトケミカル」の一種で、主に大豆の胚芽に多く含まれています。女性ホルモ ンであるエストロゲンに化学構造が似ているため、植物性エストロゲンとも呼ばれます。イソフラボンがエストロゲン受容体に結合することでエストロゲンの作 用を促進し、エストロゲン依存性乳がんのリスクを高めると懸念される一方、イソフラボンがエストロゲン作用を邪魔することで乳がん予防につながることも示 唆されています

参考)The Huffington Post Japan より
http://www.huffingtonpost.jp/robust-health/story_b_5426105.html

なるほど・・上記のサイトの結論としては予防につながるという根拠のほうが信憑性が高いと書かれています。ただし気を付けたいことが一つ、サプリメントを使ったイソフラボンの摂取は推奨されていないようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q)大豆食品やイソフラボンを摂取することは乳がんの発症に関連がありますか。
A)大豆食品やイソフラボンの摂取で乳がん発症リスクが低くなる可能性があります。しかし,イソフラボンをサプリメントとして服用することで乳がん発症 リスクが低くなることは証明されておらず,安全性も証明されていません。イソフラボンは通常の大豆食品からの摂取を心がけましょう。

参考)日本乳癌学会より
http://jbcsfpguideline.jp/category1/q001/#a_1-3
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イソフラボンは味噌や醤油、納豆にふくまれているということです!

*******************
関連記事

乳がんと授乳(母乳育児)について考える。乳がんの原因(要因)に女性ホルモンの影響

母乳が出ない、悩んでいるママへ 乳がんと授乳(母乳育児)について考える

 

 

母乳が出ない、悩んでいるママへ 乳がんと授乳(母乳育児)について考える

前の記事(乳がんと授乳(母乳育児)について考える。乳がんの原因(要因)に女性ホルモンの影響)に書きましたが、私は母乳の出が悪く、母乳にはかなり奮闘しました。それでもなんとか一年間母乳を続けました。

母乳を続ける励みは「子供にとって母乳に勝るものはない」ということはもちろんのこと、その他、自分自身の体重減少、子宮収縮、乳がん予防もあります。

こんなに母乳の出が悪かった私もなんとか一年間続けられましたという体験をここに書きたいと思います。

*********

出産したその日の夜、看護婦さんに赤ちゃんに母乳をあげましょう、と言われました。初めての授乳、どきどきです。

これが想像をはるかに超えて大変で難しかった・・

最初は赤ちゃんに乳首をくわえさせるのに一苦労。生まれたばかりの赤ちゃんは口をパクパクして母乳を求めてきますが、大きくパクッと乳首をくわえないとなかなか母乳って出ないんです。

わが子はすごい歯茎の力で乳首をくわえ、更に私は乳首の伸縮も悪く固かったため、最初の1日2日で乳首が傷だらけになりました。

これがイタイイタイ・・

痛いので母乳をあげるのがどんどん嫌になります・・

でも最近の病院は母乳に勝るものはないといった考えで、かなりの母乳推しなのでそうそう母乳をやめることを許してはくれません。母乳の時間になったので母乳をあげてくださいね、と有無を言わさず母乳を試みなければならないといった感じです。

わたしはてっきり赤ちゃんが生まれれば母乳は自然と出るものだと思っていました。

なんと初日は0ml。これ結構ショックです。
えっこんなに頑張って吸ってもらったのにゼロ??みたいな・・

そして二日目は2ml~6ml。三日目は十数ml、四日目に30mlちょっとでるようになりました。赤ちゃんにとってはこれだけでは足りないので助産婦さんにミルクを足してもらっていました。

助産婦さんに「なんでこんなに出ないんですか?もっと出るかと思っていました」と言うと、「ほとんどの人が最初は出ないわよ、まあ三日目くらいから出たらいい方で退院まで出ない人もいるわよ」と言われました。

「ああ、なんで私はでないんだろ」と思っているママ、
ほとんどの人は最初は出ないんです。

たぶん初めからジュージューでる人の方が稀なんではないでしょうか。

退院時には必要な母乳量に対しあと少し足りていない感じだったのでたぶん両おっぱいで50mlちょっと出ていたんだと思います。

病院からは「退院後はこのまま母乳育児をがんばりましょうね(←はっきりは言わないけどミルクはなしねといったプレッシャー)」と指導を受けました。

わが子はおっぱいをくわえるのが下手だったし、私のおっぱいもじゃんじゃん出なかったし、悪戦苦闘しながら毎回汗だくになって母乳をあげていました。毎回、おっぱいをあげてオムツをかえるまで1時間くらい費やしていました。おっぱいをあげた直後は落ち着くのですが、すぐ泣き出してしまいます。

哺乳量チェックで病院に行ったとき生後9日で両おっぱいで64mlでした。やっぱり少し足りていません。ミルクを足した方がいいのかと相談すると、量はまあまあ出ているからもうちょっと頑張ってみようかと言われます。

母乳、母乳という雰囲気に圧力を感じた私は、先輩ママに「なんでそんなに母乳をがんばれって言われるの?免疫とかそういう話はわかるけど、ミルクだって悪いものじゃないでしょ?!」と半泣きで訴えたこともあります。

そのときの彼女の言葉が一番心に響きました。

「結局、出ないからこそ吸ってもらわないと出てこないんだよね。あげるのを止めたらもう出なくなるよ。母乳は待っていれば出てくるものじゃないから。ミルクをあげるのはわるいことじゃないと思うよ。母乳で足りなかったら足してあげたらいいよ。」

そのとき思いました。助産婦さんは
「母乳じゃないとダメ」と言っていたのではなく、「あげ続けることが大事だよ」と教えたかったのかなと思いました。

それでとにかくまずは母乳をトライ、それで泣くようだったらミルクにしようと思いました。

もう少し頑張ろう、あと一回あげてみようと頑張って、それでも足りない時(泣くとき)は一日に一回くらいミルクを足しました。
一日に一回お腹いっぱいに満たしてあげるだけで落ち着き方が違います。

授乳をひたすら頑張ったかいがあってか、そのうち生後3カ月から6か月くらいまでは母乳だけで足りるようになりました。

六ヶ月を過ぎたころから、赤ちゃんの食欲が増して、また母乳が足りなくなり、一日に一回から2回ミルクを足すようになりました。

でも母乳は約1年間続けました。

体重は産後6ヶ月でほぼ元に戻りました。

前の記事にも書きましたが授乳によって女性ホルモンが抑えられるそうです。(乳がんのリスクを下げることができる)。

女性ホルモンが抑えられる≒生理がこない、と考えると生理がいつきたかもひとつの目安かなと思います。

一般的に生理の再開は、完母で6ヶ月から1年、混合で産後2~3カ月が多いそうです。わたしの場合は生理は出産後6ヶ月に再開しました。

六ケ月まで粘ったので出ないなりに頑張った方かなと思います。

母乳が出ないと悩んでいるママ、足りていない時はミルクを足してあげていいと思います!でも頑張ればいずれある程度は出るようになることを忘れないでください。赤ちゃんのためだけじゃなくご自身のためにも良い結果をもたらしてくれるはずです。

****************************************
関連記事
乳がんと授乳(母乳育児)について考える。乳がんの原因(要因)に女性ホルモンの影響

 

乳がんと授乳(母乳育児)について考える。乳がんの原因(要因)に女性ホルモンの影響

小林麻央さんの乳がん報道、驚きました。

お子さんのそばにいてあげられない気持ち、お子さんが寂しく思ていないかを考えると胸がキューっとなってしまいます。どうか元気になって欲しいです。

最近は、北斗晶さんの乳がん報道が記憶に新しいですが、そもそも乳がんの原因はなんでしょう。

乳がんのリスクを高める要因はわかっていています。

日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインでは、乳がんのリスクを高める要因は44の項目に分けて考察されています。

ここではエビデンスグレード(*1)が「確実」「ほぼ確実」となっている項目をピックアップしました。

*1  エビデンスグレード
「確実」・・発癌リスクに関連することが、確実であると判断できる十分な根拠があり、予防行動を取ることが勧められる。
「ほぼ確実」・・発癌リスクに関連することが、ほぼ確実であると判断できる十分な根拠があり、予防行動を取ることが一般的に勧められる。

要 因 エビデンス
アルコール飲料の摂取 ほぼ確実
喫煙 ほぼ確実
生下時体重が重い ほぼ確実
閉経後の肥満 確実
成人期の高身長 確実
初経年齢が早い、閉経年齢が遅い ほぼ確実
出産経験がないまたは少ない 確実
授乳経験がないまたは短い 確実
高線量の放射線被曝 確実
頻回のX線検査や胸部への放射線療法などの医療被曝
※若年期に被曝した場合に高い
ほぼ確実
良性乳腺疾患がある 確実
乳癌家族歴がある 確実
閉経後女性ホルモン補充療法 確実
糖尿病の既往 ほぼ確実
マンモグラフィの乳腺濃度 確実

参考 一般社団法人 日本乳癌学会より
http://jbcs.xsrv.jp/guidline/p/

乳がんの発症の要因の一つに女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が関係していることはわかっていて、エストロゲンの分泌量が多い時期が長く続くほど、その影響を受けてがん発生のリスクが高まると言われています。

女性ホルモンにかかわる項目がこちらです。

・初経年齢が早い、閉経年齢が遅い
・出産経験がないまたは少ない
・授乳経験がないまたは短い
・閉経後女性ホルモン補充療法

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがありますが、
女性は妊娠をすると、プロゲステロンが優位になり、乳がんの原因となるエストロゲンの影響が少なくなります。また授乳期間中はエストロゲンが抑えられると言われています。

小林麻央さんも北斗晶さんもお子さん2人の出産経験がありますが、乳がんを発症してしましました。小林麻央はわかりませんが、北斗晶さんは母乳に悩んだタイプで混合育児を行っており、長男は六ヶ月、次男は三ヶ月で卒乳してミルク育児にかえたそうです。

北斗晶さんのブログを読むとこう書いています。
http://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12048388770.html

北斗晶さんは「母乳で育てた方がいいのは分かってる!!!」「だけど出ないもんは出ないんだよ」「(メディアに向かい)母乳、母乳と騒ぐな!」と。母乳に悩んでいるママを追いつめないよう励ましています。

わたしが母乳で悩んでいるママに言いたいのは、北斗晶さんとちょっと違いますが、自然のあるがままの機能をあっさり諦めずに、あと少しだけ信じて頑張ってほしいなと思います。

わたしも母乳の出がわるく、毎日悩んでいました。母乳だけでは足らず時期によっては混合にしたこともあります。でも約1年は母乳を続けました。母乳育児をどういう風に考えて乗り切ったか次の記事に体験を書きたいと思います。

************************
関連記事

乳がん予防(対策) 乳製品、イソフラボン、緑茶の効果は?

母乳が出ない、悩んでいるママへ 乳がんと授乳(母乳育児)について考える