カテゴリー別アーカイブ: 排卵検査薬

排卵検査薬を使ってベストなタイミングで妊娠、男の子と女の子の産み分けは?

排卵検査薬を使った体験談と陽性画像をアップしましたが(http://mamarange.com/inspection/42)、そもそも妊娠を確実にするためベストなタイミングはいつなのかを考えてみました。

妊娠するためのポイントは、

1.精子の寿命と受精可能期間はいつまでなのか
→精子の寿命は約5日だが、受精できる時間は36~48時間と言われている

2.卵子の寿命と受精可能期間はいつまでなのか
→卵子の寿命は約24時間だが、受精できる時間は6~7時間と言われている

3.排卵検査薬を使ってラインが出たらいつ排卵になるのか
→血中および尿中のLH濃度の上昇が始まってから約36時間以内に排卵がおこる

です。

上記を考慮してもし排卵検査薬がLH濃度を検知してすぐタイミングをはかったら、

図1:タイミングパターンA
排卵検査薬で検知してすぐにタイミング、36時間後に排卵した場合

排卵検査薬とタイミング_1 精子と卵子の寿命と受精可能期間

となります。

夜に検知すれば、その日の夜にタイミングをはかれますが、もし朝(たとえば午前6時)に検知してしまうとたいていは会社から帰宅して夜にタイミングをはかる(たとえば深夜0時)ことになるので、

図2:タイミングパターンB
排卵検査薬で検知して18時間後にタイミング、
排卵検査薬で検知してから36時間後に排卵した場合

排卵検査薬とタイミング_2 精子と卵子の寿命と受精可能期間

となります。

更に、女の子と男の子の産み分けに関してですが、女の子のX精子は酸性に強くアルカリ性に弱いので、図1のように子宮が酸性のうちにタイミングをはかると女の子が生まれやすく、男の子のY精子はアルカリ性に強く酸性に弱いので、子宮がアルカリ性の段階でタイミングをはかると男の子が生まれやすくなります。

つまり、精子と卵子がともに一番元気なときにあわせてタイミングをはかろうとするとアルカリ性環境になるのでより男の子の方が生まれやすくなりるように思います(下記図3)。

図3:タイミングパターンC
精子と卵子がともに一番元気なときにタイミング

排卵検査薬とタイミング_3 精子と卵子の寿命と受精可能期間

いまから話す内容は何の根拠もありませんが、周りのママを見ると高齢になるほど男の子が生まれている率が高いような・・これって精子・卵子が一番元気なときにタイミングがあって妊娠してるのかなと思ってしまったり。

いやいや、そとも限らないかもしれませんが!

ドゥーテスト 排卵検査薬 体験談(陽性画像有り)

排卵検査薬を使ったときに妊娠した体験談です。

********************

排卵検査薬を薬局に買いにいくと、調剤師さんが説明をしてくれました。

排卵検査薬は、排卵日前に高くなる尿中のLH(黄体ホルモン)濃度を捉えます。

排卵検査薬の形状や使い方は妊娠検査薬とそっくりです。スティックに尿をかけキャップをして待ちます。

もしLH濃度が高ければラインが表示されます。

薬剤師さんからは生理予定日の17日前から1日1回、検査することをおススメされた記憶があります。

・予想している排卵日が正しいかわからないので前もって検査した方がよい

・黄体ホルモンが正しくでているか全体を相関して見れるように検査したほうがいい

といったような説明だったと思います。

(↑薬剤師さんの説明はちょっと記憶があいまいなので参考までに読んでください)

私は生理周期から予想される排卵日の二日前から検査を始めました。

※↓写真の見方ですが、手書きで書いている6/XXは検査した日付、その右上のXX:00は検査した時刻を表しています。6/10~6/14までの検査記録です。

ドゥーテスト 排卵検査薬

いよいよ排卵日と思われる6月12日の朝7時、(写真3本目)

検査をしてもうっすらラインが出ているような出ていないような状態でした。

でもなんとなく納得がいかない私はその日の夜20時(写真4本目)にもう一度検査。

するとラインがでているではありませんか。

濃いんだけど参考ラインほどは濃くない・・という迷いがありつつ、濃いラインがでたらタイミングです、といわれていたのでとりあえずトライ。

次の日(6月12日)の朝7時(写真6本目)、もう一度検査すると、昨日より濃いラインではありませんか。

もしかして早まったかも・・と思った私はその日も主人にお願いしてトライ。(↑すみません、人によっては聞きたくない話かもしれませんが、悩んでいる方の参考になればと思うので)

結果、妊娠しました。
妊娠の初期症状についてかいた記事はこちらです↓
妊娠の初期症状 下痢、出血、風邪などの兆候がありました(体験談)

結局タイミング的にどちらがただしかったのかは不明です。

医療機関向けの説明書には、”血中および尿中のLH濃度の上昇が始まってから約36時間以内に排卵がおこる”とあるので、うっすら、ではなく、一番濃くラインがでてからのトライの方がいいのか・・でも一番濃くラインがでた日の夜20時(写真7本目)には既にラインが薄くなり始めているし・・個人の体質にもよるので何度か回を変えて試してみるのもいいかもしれません。

********************************************************************

妊活・妊娠中に良いとされる葉酸サプリについての記事はこちらです↓
妊活・妊娠中の葉酸サプリ。葉酸が含まれる食品は?二分脊椎(背骨の病気)を回避

私が購入した排卵検査薬について書いた記事はこちらです↓
ドゥーテスト 排卵検査薬を買ってみた

タイミングについて書いた記事はこちらです↓
排卵検査薬を使ってベストなタイミングで妊娠、男の子と女の子の産み分けは?

妊娠の初期症状について書いた記事はこちらです。
妊娠の初期症状 下痢、出血、風邪などの兆候がありました(体験談)

 

ドゥーテスト 排卵検査薬

排卵検査薬ってご存知ですか?

妊娠検査薬ではなく排卵検査薬。

これ調剤師がいる薬局で買えるんです。

私は友人から排卵検査薬のことを教えてもらいました。

排卵検査薬とは文字通り、排卵日を特定するためのものです。

形状や使用方法は妊娠検査薬とそっくりです。

排卵検査薬は調剤師がいる薬局でもたまに売っていないことがあるので事前に調べると良いかもしれません。

「ドゥーテスト」だと取扱い店舗が検索できます。

取扱店舗一覧 | 排卵日検査薬 新ドゥーテストLH | ロート製薬”

ちなみに私はこれを使いました。↓

IMG_1673

検査結果などの詳細記事はこちらです。

ドゥーテスト 排卵検査薬 体験談(陽性画像有り)